2017/03/30

クロージング&トーク

4/2まで筑後市のホテル「MEIJIKAN」内で開催中のグループ展「Hotel Art In」のクロージング&トークイベントが行われます。
ぜひ、お近くの方はお運びいただければ幸いです。

---------------------
会場:MEIJIKAN 2F  Gallery CHIGGO
住所:福岡県筑後市山ノ井138-23(JR羽犬塚駅前)

トーク14:00~15:00 交流会15:30~16:30
古賀義浩(美術家)・瀬戸口朗子(画家)・田中千智(画家)・平川渚(美術作家)
聞き手:原田真紀(キュレーター) 
司会:中川たくま(プランニングディレクター)

参加費 1000円(軽食付き) ※要予約 0942-52-5353

2017/01/19

「羽犬塚プロジェクト」のことが、西日本新聞で紹介されました。

こちらよりごらんになれます

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/299573

HOTEL ART IN

筑後の羽犬塚で昨年より継続的に制作をさせていただいていたホテル「Meijikan」の客室が、いよいよ今月下旬よりオープンします。
それに伴い、Meijikan二階のギャラリー「CHIGGO」で、今回客室を制作した4人のアーティストのグループ展が開催されます。
私はオープン時に公開制作を行います。

「HOTEL ART IN」
会期:2017年1月26日(木)~4月2日(日)
会場:Meijikan 2F ギャラリー「CHIGGO」
住所:福岡県筑後市山ノ井138-23(JR羽犬塚駅前)

参加作家:古賀義浩、瀬戸口朗子、田中千智、平川渚

平川渚公開制作:
1月26日(木)~1月29日(日) 同会場にて


公開制作では、2016年4月に兵庫県西宮市のギャラリー「galerie 6c」から始まった、糸の地層の作品に、筑後・羽犬塚・Meijikanの地層を久留米絣の糸で編み足します。

ぜひ、お待ちしています。


2016/12/29


何往復目かの羽犬塚です
今回こそはバリッと完成させねばならん

部屋に布団や机や時計やポットなど備品が増えていました
備品の持ってる日常性の強さがすごい
それを凌駕する非日常性を空間に宿らせねば作品にならない

力技を使う時が



2016/12/13

張力に頼らずに形を作るの難しい 糸ですから自立するには何らかの力学もしくは作用が必用なのです 糸の自重と編み目そのものの張りでかろうじて自立する瀬戸際を慎重に編み合わせているけれど、最終的なパターンがまだ見えてこない
まだ糸は無言を保っている
これまでの持ち味の張力によって糸の編み目が自在に可変するかんじは今回使えない
はて

2016/12/08




中核に踏み込んだ途端、途方もないということをさとっておののいている



2016/12/06




この形状どこかで見たことがあるな、と思い出したら2010年に作った「夢の繭」の内部みたい


さてここからいよいよ制作の中核へ




今日の夕日



2016/12/05



私の担当する部屋からの夕暮れ

筑後は夕日がいつもすごいきれい